.

業種や職種によって、求人件数には違いがあると思います。もともとたくさんの人員を必要とする業種なら求人件数も相応の数になるし、反対に少数で業務を行うことが可能な仕事なら求人数も少なくなります。 就職活動中に求人情報を調べていた時は、事務職の求人はやっぱり少ないと感じることが多かったです。営業や販売員などは比較的多かったように思うので、特に職種にこだわりを持たずに就職活動をするなら、求人数が多い職種を選んだ方が採用されやすいかもしれません。 募集数が多い求人に対しては応募する求職者も多くなりやすい可能性はあります。でも採用枠が多ければ採用の確率は高くなると思います。 もちろん、企業は必ず募集人数分の採用を決定しなくてはならないわけではありません。もし適した人材が見つからなければ、例え人数が足りていなくても不採用にして新たに募集を掛けることでしょう。再募集になると少しずつ採用枠も埋まってきていると思うので、出来れば初期の求人で上手に自己アピールをし、内定を勝ち取っておいた方が安心です。

Copyright (c) 2000 www.sehnsucht-ist.com All Rights Reserved.